TOPICS

植物観察 新着記事

1件〜50件

  • マンリョウ

    先日カラタチバナ(百両)を見たそばに、マンリョウ(万両)も真っ赤な実を付けて目立っていました。...マンリョウ..マンリョウ..マンリョウ..*写真単体では横…

    谺 拓山

    谺 拓山のブログ

    読者になる
  • カラタチバナ

    カラタチバナ(百両)はこの付近には少ない。マンリョウ(万両)やヤブコウジ(十両)は沢山あるのだが。.近くに住む姉夫婦が相次いで入院した。退院後も通院があるので…

    谺 拓山

    谺 拓山のブログ

    読者になる
  • ヤツデの花と葉 / アオキの実

    ✿ヤツデの花と葉ウコギ科、学名:Fatsiajaponica別名:天狗の団扇、開花期:10月~11月、ヤツデは学名のFatsia、日本語の「はち(八)」、または発音の「はっしゆ(八手)」の読みに由来します。葉の形はモミジ形で、八ツ手とは言うものの、葉の裂け目は七ツ、九ツが多く八ツも珍しく稀にしかないと言われ、昨年から八ツ葉を探してようやく先日見付けました。すごく嬉しく大喜びしました。ところが今度は三ツ葉、五ツ葉もあるよ、こちらの方が探すのは難しいかもねと聞き、また気合を入れて毎日ヤツデ葉探しが始まります。雄花雌花七ツ葉八ツ葉=この葉を見付けるのに約二年かかりました。何ヶ所の八ツ手を探したかな・・・?。九ツ葉十葉十一葉※アオキの実ガリア科またはアオキ科の常緑低木。和名の由来は常緑で枝も青いため。花は3月~5月に咲...ヤツデの花と葉/アオキの実

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    読者になる
  • カルーナ・ブルガリス / ガーデンシクラメン の花散歩

    ✿カルーナ・ブルガリスツツジ科、開花期:6月~9月、シベリアから北アフリカまで広く分布する常緑低木。樹高20~80cmの小さな低木で散開しながら立ち上がり絨毯のように茂ります。やや多肉質の葉で細く枝別れの多い茎はすぐに木質化します。グラウンドカバーや花壇、鉢植えの品種として栽培されます。✿ガーデンシクラメンサクラソウ科、開花期:10月~翌年3月冬に室内で楽しむ鉢物のシクラメンを品種改良し、耐寒性があり寒い冬も屋外で育てる事が出来ます。寄せ植えなどに使うガーデニング植物の定番として良く用いられます。撮影地:船橋市・アンデルセン公園カルーナ・ブルガリス/ガーデンシクラメンの花散歩

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    読者になる
  • 全日本リレーオリエンテーリング大会(XVクラス)

    12/8(日)は、全日本リレーオリエンテーリング大会に参加しました。会場は、茨城県笠間市の笠間芸術の森公園です。.私は東京都のXVクラスの第2走でした。.XV…

    谺 拓山

    谺 拓山のブログ

    読者になる
  • シコンノボタン / キゥイフルーツ の花と果実

    ✿シコンノボタン(紫紺野牡丹)ノボタン科、別名:スパイダーフラワー、中南米原産の常緑性低木で庭木、鉢植えとして親しまれています。本来は常緑だが日本では冬に落葉する事が多い。花は5弁、紫色の大輪で雄蕊が長く飛び出しているのが特徴で一日花。花付きは良く多くの花を次々に咲かせてくれます。花期は夏と秋ですが、温度さえ合えば冬でも咲き、南国原産にしては耐寒性があります。流通上はノボタンとシコンノボタンは混同されるが、ノボタンは短い雄蕊が黄色で長い雄蕊は紫色、シコンノボタンは長短の雄蕊が共に紫色です。※キゥイフルーツマタタビ科で雌雄異株の落葉性植物の果実です。開花は5月頃、耐寒性があり冬期の栽培は可能で、産地は温帯から亜熱帯で熱帯果実ではない。マタタビに近縁なので幼木や若葉は猫害を受ける事がある。参照サイト・・・フリー百科...シコンノボタン/キゥイフルーツの花と果実

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    読者になる
  • ハマエンドウ

    ハマエンドウは、海岸・河川などの砂地にたくさんある植物です。4月頃になると赤紫色の花を咲かせております。地下茎で繁殖し、茎は長さ30cmくらいになります。...

    コシアブラ

    食べて薬になる山野草はこれだ

    読者になる

「アウトドアブログ」 カテゴリー一覧