TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

植物観察 新着記事

NEW POST
help
  •  真夏の昆虫散策

    ★クロアゲハ(黒揚羽):アゲハチョウ科翅の表裏ともに黒色で、裏面には後翅外縁に赤斑がある。雄には後翅前縁には白い帯があり時間と共に黄色味を帯びる。★セミのぬけがら★アブラゼミ(油蝉):セミ科、褐色の不透明な翅をもつ大型のセミ。アブラゼミの名前の由来は翅が油紙を連想させる説や、鳴き声が油を熱したときに撥ねる音に似ている説から。★ミンミンゼミセミ科、名前のとおり鳴き声が「ミーンミンミンミンミン」と鳴く事から。★コガネムシ(黄金虫):コガネムシ科、成虫はサクラ等の広葉樹を食べ、幼虫は土の中で植物の根をたべる。成虫の体色は赤紫の混ざった光沢の鈍い赤色、赤紫色、黒紫色等もいます。コガネムシの顔を正面から撮ろうとしたが、なかなか前を向いてくれません。仕方がないのでボールペンに乗せて歩いているところを・・・パチリ。真夏の昆虫散策

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    読者になる
  • 里山ハイキング(カリガネソウ・他)

    久しぶりに里山ハイキングでした。.カリガネソウ..カリガネソウ..カリガネソウ..アキノタムラソウ..アキノタムラソウ..ヤマホトトギス..ヤマホトトギス..…

    谺 拓山

    谺 拓山のブログ

    読者になる
  • 免疫を上げるには?

    今、コロナウイルスが世界中で広がっていますが、体に良い食べ物は、身近にあるものなんです。もともと自然の中で生きている植物がおおくの免疫をもっております。公...

    コシアブラ

    食べて薬になる山野草はこれだ

    読者になる
  • デュランタ・タカラヅカ / コエビソウ の花散歩

    ✿デュランタ・タカラヅカクマツヅラ科、別名:タイワンレンギョ、ハリマツリ、開花期:6月~10月、常緑性低木、藤色や白色(デュランタ・アルバ)の花が集まって房状に垂れ下がって咲く華やかな花です。丈夫で開花期も長く暖地では戸外でも冬眠するので、庭木として植えてる人も良く見かけます。タカラヅカは濃い紫色に白い縁取りが入るのが特徴です。他に葉が黄色味を帯び、花が咲きにくいデュランタ・ライムがあります。✿コエビソウ(小海老草)キツネノマゴ科、別名:ペロペロネ、開花期:5月~10月、常緑性多年草、周年開花の性質が強く、暖かい場所で管理すれば一年中開花します。朱色の苞が重なったユニークな間から出る白い花はポイントとなり可愛い姿です。他に苞が黄色のイエロー・クイーンや葉に斑が入る品種もあります。右側の苞が真っすぐに伸びて花が出...デュランタ・タカラヅカ/コエビソウの花散歩

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    読者になる
  • 里山ハイキング(キツネノカミソリ・他)

    久しぶりに里山ハイキングでした。.キツネノカミソリ..キツネノカミソリ..キツネノカミソリ..キツネノカミソリ..クルマバナ..クルマバナ..イヌゴマ..イヌ…

    谺 拓山

    谺 拓山のブログ

    読者になる
  • 蛸に似たランの花! カタセツム・マクロカルプム 他

    ✿カタセツム・マクロカルプムラン科、開花期:主に冬~春、ラン科では珍しく花が単性で、雄花と雌花は全く形が違うそうです。蛸によく似た花で3年~5年の間隔で咲くので会えるのはラッキーだそうです。今咲いてる花は雄花で、これは株が充実した証拠で、それまでは別の形の雄花が咲くそうです。✿リカステ・ワイルドファイヤー'タカツ’ラン科、多年草、濃い色合いでランでは大型で迫力を感じさせます。✿チューベローズキジカクシ科、別名:ゲッカコウ(月下香)、開花期:7月~9月、花の特徴は香りの強さです。昼間も香りはありますが、夜になるとさらに臭いを放ちます。地表から真っ直ぐに葉茎を直立させ、その中から伸ばした花茎に立てに蓮ねるように白い花を咲かせ、花は一重から八重まであり、ピンク色の花を咲かせる品種もあります。花の香りは甘く濃厚なので香...蛸に似たランの花!カタセツム・マクロカルプム他

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    ☆ムツゴロウの花散歩☆

    読者になる
  • ウマノスズクサ

    最近珍しい植物の観察が続いている。ちょうどその時にウマノスズクサの投稿が目に付いた。私はまだ見たことがなく、見てみたい花の一つだった。数年前植物仲間から生えて…

    谺 拓山

    谺 拓山のブログ

    読者になる

「アウトドアブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)