TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

バードウォッチング 注目記事

NEW POST
help
  • 1位

    2本指のヴァイオリニスト

    jackviolin

    jackのヴァイオリン練習室

    読者になる
  • 2位

    巣穴からアカゲラの幼鳥

    巣穴から顔を出しているアカゲラの幼鳥を見つけました。 ちと遠くて鮮明ではないですが、どうかご了承下さい... お父さんが現われましたが、餌を持ってはいないようです。 幼鳥は口をパクパクして餌のおねだりをしていますが、 お父さんは幼鳥を見つめるだけ。。。 アカゲラお父さん、巣...

    どさん子

    北海道の自然と野鳥

    読者になる
  • 3位

    アオジとノゴマ

    5月末に撮影した画像ですが、何故かアオジとノゴマが一緒だったんです... 別な日にもこのコンビは一緒に行動してたんですが、 アオジとノゴマって仲いいのかな?(。´・ω・)? アオジは後ろ向きになって囀ってます♪ 珍しくブルーアイになってる...👀 アオジはひとしきり囀った...

    どさん子

    北海道の自然と野鳥

    読者になる
  • 4位

    トモエガモ…なぜ今ここに?

    トモエガモ♀タイプ1羽が、かなり遠かったのですが地元の池に居るのを見つけました。(6/15)嘴の付け根に丸い白斑がはっきりとあるのでトモエガモで間違いないですね。何故ここに??? 3月になって繁殖地へ渡って行ったはずなのに。もしかしたら翼に問題があって飛べないのでしょうかね?この時期のトモエガモは♂ならまだ生殖羽の特徴が見え、目の下方の黒縦線や頭部に巴模様が見えると思うので、その特徴が見えないこの個体は♀...

    タッシー

    気ままに1・2・散歩!

    読者になる
  • 5位

    コスタリカ 火の鳥ケツァール

     中米のコスタリカは昨日もお話ししましたが、世界的にエコツーリズムの国として有名で彼ら国民の自然に対する態度はとても印象の良いものです。その真実の正否はさ...

    野牛 トウ兵衛

    とことん写真

    読者になる
  • 6位

    ササゴイのコロニー!

    ササゴイはシラサギ類とはコロニーを形成せず、ササゴイだけの小規模コロニーを作ります。今年も可愛い雛たちが誕生していました。コロニーのある場所は神社なのですが、ここではササゴイは人と共存している感じです。冠羽が立つと、チョット雰囲気が変わってカッコイイですね。ササゴイの虹彩と足は黄色で雨覆の羽縁は笹の葉模様、肩羽は青灰色のつららの様に見えます。「その首どこまで伸びるの~」巣材となる木の枝をちぎってた...

    タッシー

    気ままに1・2・散歩!

    読者になる
  • 7位

    シメチドリのヒナは順調です.... #シロチドリ

    前回、コアジサシのヒナが生まれている....と聞いて訪れたこの地でしたが、現地に到着するとまさかの行方不明....。前日の夕方まで可愛い姿を撮影されていた方がいらっしゃったので、どうやらその日の夜から私が訪れる早朝までの間に何者かに襲われたと想像されます。自然のことですから仕方がないのですが、たった一日しか生きられなかったのか?と思うとあまりに可哀想でした。その日はショックも大きく、他に卵を抱いているコア...

    えむ・おー

    えむ・おーの鳥日記

    読者になる
  • 8位

    カザリショウビン(Banded Kingfisher)

    一番見たかった鳥♪ カティエン(CatTien)を有名にしたのはミドリシマヤイロチョウとコシアオヤイロチョウですが、我々の主目的はカザリショウビン(Banded Kingfisher)です。ヤイロチョウの翌日から懸命に探して夕方やっとオスの姿を遠くに見ることができましたが、冠羽を逆立ててこちらを見るとすぐに飛んで行ってしまいました。 次の日も探鳥のメインはカザリショウビン、今度はメスの登場です。 羽の色は随分違いますが形は同じ、冠羽の逆立てもそっくりですね。 オスより近くに来てくれました。 更に翌日もカザリショウビン探し、梢の枝にオスが現れました。 暫く待ったのですが降りてきません(T_T) …

    レッドドラゴン

    レッドドラゴンの鳥見旅行記

    読者になる
  • 9位

    カルガモ 名前の由来は?

    カイツブリやバンが子育てする海辺の人工池では毎年カルガモの雛を近くから見られるのですが今年は繁殖が確認されていませんこの日も複数のカルガモのペア見られましたが卵を抱いている様子はありませんでしたカルガモ(軽鴨」という名前の由来ですが大きさがほぼおなじマガモより体重が軽いからという説や万葉集に歌われている「軽ケ池」に由来するという説があるそうです参考◆サントリー日本の鳥百科https://www.suntory.co.jp/eco/birds/encyclopedia/detail/4537.html近くに来てくれたのでオトナのカルガモをじっくり撮影翼鏡のメタリックな輝き光の加減によって青や緑にも見えます人目につきにくい郊外のため池で子育てしているカルガモを見かけますが毎年おなじみの場所で観察できないのはやはり寂...カルガモ名前の由来は?

    ロメオ

    気楽にとり(鳥&撮り)歩き

    読者になる
  • 10位

    足元にノビタキの雌

    以前の記事で登場したノビタキの雌です... 地上に降り立ち、なんと私の足元まで駆け寄って来ました...🐤 この時点でわずか2メートル弱でしょうか。。。 立ち姿が可愛い^^ この後、私のそばまで・・・ ピョンピョン...🐤 急接近して来ました~☆彡 ほぼ私の足元で、石の上...

    どさん子

    北海道の自然と野鳥

    読者になる
  • 11位

    日本 7月2日の文殊の森公園の野鳥たち(キビタキ、サンショウクイ、サメビタキ)

     昨日7月2日は梅雨の晴れ間で湿度の割と低いさわやかな日となりました。もちろん出かけたのは岐阜市近郊にある自宅近くの文殊の森公園です。いつも通り山口城跡を...

    野牛 トウ兵衛

    とことん写真

    読者になる
  • 12位

    ヤマザクラの実が実る頃 その2

    コムクドリは、今年も林の某所で子育てをしてくれました (*´v`)ひなが大きくなると、巣立ちの前に必ずヤマザクラの実を与えるようになります。去年と同じ巣穴から、ひなの元気な声が聞こえてきます。畑の仕事をした後、軽トラをブラインドにしてこっそり覗かせてもらいました。少し前までの、まだ幼い顔立ち。お母さんが来ました。お父さんに比べると地味なお母さんですが、羽の模様がきれいです。しばらくすると、だいぶ大きく...

    min628

    アカゲラの林に居候

    読者になる
  • 13位

    めんこいカルガモ

    カルガモの雛を過去の画像の中から探してきました2018年に撮影したカルガモの雛たちです来年こそ小さなかわいらしい姿が見られますように2018年6月撮影カルガモ(軽鴨)Easternspot-billedduck全長約61cmカモ目カモ科マガモ属今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。↓ポチッと押して頂けると励みになります。どうぞよろしくお願いします。めんこいカルガモ

    ロメオ

    気楽にとり(鳥&撮り)歩き

    読者になる
  • 14位

    カルガモほか

    2020年6月29日。近所の団地内のビオトープ池・花壇。都立小金井公園。カルガモです。近所の団地内のビオトープ池で羽根繕いをしていました。同じ個体です。セイヨ…

    コギー

    コギーのブログ

    読者になる
  • 15位

    階段の滑り止め

    jackviolin

    jackのヴァイオリン練習室

    読者になる
  • 16位

    バンの幼鳥

    春に生まれたバンの子どもたちすっかり大きくなり褐色の幼鳥に育ちましたスイレン池は去年の在庫からカイツブリと同じビオトープでは5羽の幼鳥が見られました大福餅のように丸くなってウトウト褐色のバン大福草の陰に見え隠れバン(鷭)Commonmoorhen全長約32cmツル目クイナ科バン属一羽だけオオバンが居残っていました冬にはたくさんいた仲間たちは北へ来年再会できますようにオオバン(大鷭)Blackcoot全長約39㎝ツル目クイナ科オオバン属今日も「気楽に鳥&撮り歩き」を見てくださってありがとうございます。↓ポチッと押して頂けると励みになります。どうぞよろしくお願いします。バンの幼鳥

    ロメオ

    気楽にとり(鳥&撮り)歩き

    読者になる

「アウトドアブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)